FC2ブログ

レィラとYazのエロ日記

カップルで綴る赤裸々エログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
前回の続き。

泡だらけになったバイブを軽くティッシュにくるんで脇に置き、
バイブを抜いても開いたままの膣穴に挿入。

実は私、この日この地点で3回イってます。
寝る前のプレイで2回。
あと起きた時に例によって ちんこ弄り→フェラ の展開となっており、
その後レィラの前でオナニーして1回。
まさかこの日もう一回プレイがあるとは思ってなかったんで、
レィラに一回くらい飲ませておこうと思ったんですけどね;

4回目なのに、レィラの乱れまくる様に興奮したチンコは、硬さ長さ太さ申し分なし。
折角カメラも用意してあるし、4回目ならもちもいいだろう。
バックからの挿入、撮っちゃうよーw

  ぱしゃり。

  ぱしゃり。

動きながらだとうまく撮れない;
どうも深く挿入しきった場面ばかりが撮れてしまって、あまり面白くない。
できれば繋がってるのがよく分かる写真がいいなぁ。

レィラ「イ、イきそう・・・。」

あ、はいはいw
カメラを放り投げて、ペースを早める。
・・・。
ヤバい。
こっちもイきそう。

レィラ「イく─────っっ!」

─────っっ!

・・・。

た、耐えた。

危なかったー;
撮影に気を取られてたら4回目とは言え耐久力落ちるなぁ;

気を取り直して撮影。
こりゃ写真はダメだ。
動画、動画にしよう。
動画・・・動画にして・・・録画。


  ジ────・・・

  ジ────・・・(エロいなぁ)

  ジ────・・・(アップで・・・)

あっ。

Yaz「だ、ダメだイきそう;」
レィラ「えっ?;いいよ、一緒にイこう?」
Yaz「イくよ。イくっ・・・」
レィラ「イくぅ・・・!」

・・・弱ぇ!

4回目だというのに2回しかレィライかせてねぇ。
うわー不甲斐ない!弱過ぎ!

カメラに意識持ってかれてた性で、我慢効かなかったのだと思いたい。
なかなか自分がイけない時には使える技(?)だけど、
そうでない時はハメ撮りはやめといた方がいいかなぁ;
2人で楽しめるエッチってのが、本来の目的ですしね。


まぁそれはそれとして、レィラも私も初めてのハメ撮りw
早速PCに転送して見てみました。

レィラ「エロい!w 恥ずかしいー。」
Yaz「エロいねぇw」
レィラ「いつもこんなの見てるのー?」
Yaz「かわいい声で喘いでるだろ?w」
レィラ「あー、自分の喘ぎ声なんて初めて聞いたわw」

あながち、無駄でもなかったようでw
カメラに意識行ってた性で、あまりレィラの急所が刺激できてません。
故にレィラの喘ぎ方もまだソフト。
実際はもっとすげぇ喘ぎ方してんだぞ?
という所を、また今度見せてやろうと思います。

>>>>レィラの記事へ
この記事がよかった、
という方はクリックお願いします(^-^)/
人気blogランキング
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

このページのトップへ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://leirayaz.blog6.fc2.com/tb.php/184-ac38944a
このページのトップへ

Information

レィラ&Yaz
  • Author: レィラ&Yaz
  • livedoorから引っ越してきました。よろしくお願いします。

    leirayazmailyahoo.co.jp

Search

Calendar

06月 « 2018年07月 » 08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
レィラ&Yazを登録
by BlogPeople

RSS feed meter for http://leirayaz.blog6.fc2.com/

アダルト検索NaviNavi
アダルトサイト視聴率調査
ランキングナビ
blog-navi
アダルトブログのポータルサイト - エロブロセンター


Entries

  • 現在のページに表示されている記事へのショートカットです。
    リンクをクリックすると、ページ内の記事へジャンプします。
    戻る時は、ブラウザの「戻る」か「▲To top of this page」のリンクをご利用ください。

    カテゴリ別、月別で表示した時に便利かと思います。
    初めてお越しの方は、興味のあるタイトルからお読みくださいマセ。

カテゴリ解説



お勧め記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。